機械設計の転職で有利になるスキルBEST3

機械設計の転職で有利になるスキルBEST3

機械設計技術者になるためには特定のスキルが必要

製造業全般で、エンジニア不足が続く中、
モノづくりの上流工程を担う、
機械設計技術者のスペシャリストを求める企業は少なくありません。

 

機械設計技術者が転職を考えた時に
どんなスキルがあれば、いいのでしょうか?

 

転職に有利となるスキルBEST3をお教えします。

 

1. 新しい技術への対応力

技術革新は、めまぐるしいスピードで進んでいます。

 

すべてのメーカーが、新しい技術に取り組む中、
社内で自分自身が担当する製品に対する専門知識や技術だけではなく、
自社製品全体の技術は、最低限すべて身につけておく必要があります。

 

また、自社技術だけではなく、
同業他社の製品知識や技術、
業界の垣根を越えた新しい技術についても身につける柔軟性が必要です。

 

転職を希望している、していないに関わらず
いち技術者としてのステップアップ、キャリアアップを目指すなら
常にアンテナを張り、柔軟な姿勢でいることが
自分自身の技術者としての市場価値を高め、強みとなります。

 

技術者は、製品の技術力や品質に対するこだわりを持つことは大切ですが
ひとつの技術に固執せず、
常に一歩先を見つめ、より素晴らしい製品づくりを目指す姿勢を
持ち続けることが大切です。

 

2.実績を具体的に示す力

今まで機械設計技術者として携わった仕事の中で、
具体的にどんな実績があるのか。

 

履歴書は、転職の際にアナタの分身となって
これまで培ってきたキャリアを示すものです。

 

そのため、ただやってきた業務内容だけを記載するのではなく、
具体的にどんな機械設計に取り組み、成果を残すことができたのか。

 

携わったプロジェクト内容、使用経験のあるツール名は必ず書きましょう。

 

また、30代前後の方の場合は
技術的な面での実績だけではなく、
リーダーや管理職として行ったマネジメントの実績も具体的に書きます。

 

機械設計技術にとって大切なのは技術力はもちろん、
5年以上のキャリアがある方には
管理能力やマネジメントスキルも重要です。

 

企画からデザイン、生産までの一連の流れの中でコミュニケーションを取りながら
円滑に進めていく能力も要求されます。

 

こうしたスキルがあることを
職務経歴書で具体的に分かりやすく
まとめあげる力も転職を成功させるためには不可欠なものです。

 

3.明確な強みを持つ

海外製品に携わった経験、
構造設計、詳細設計、筐体設計、部品設計……
今までの経験の中で、最も強みとなるのは何か。

 

技術者としてウリとなる技術は何か。

 

独りよがりの強みではなく、
客観的に見た強みが何なのかを
転職活動を始める前に明確にする必要があります。

 

1社で長年勤務した方は
当たり前に仕事をこなしてきたので、
あらためて強みを聞かれても答えられない方が少なくありません。

 

もし、自分の強みを知りたいという方は
転職エージェントに登録してみましょう。

 

転職エージェントに登録すれば、
無料で転職に関する相談ができるだけではなく、
今までのキャリアをプロのアドバイザーに伝えることで
キャリアの棚卸しができます。

 

職務経歴書の添削もしてもらえます。

 

あらゆる転職支援サービスを無料で受けることができるので、
何から始めたら良いか分からない方は
転職エージェントの利用をオススメします。


ホーム RSS購読 サイトマップ