未経験からシステム開発への転職に必要なスキル

未経験からシステム開発を目指す!転職に必要な3つのスキル

システム開発に未経験から転職するために必要なスキルは?

業務の効率化や最適化に欠かせない存在であるコンピュータシステム。

 

そんなコンピュータシステムを作るシステム開発者はIT全盛の現在、なくてはならない存在になっています。

 

そんなシステム開発を未経験から目指すために必要な3つのスキルを紹介します。

 

1.相手の目線に合わせられるコミュニケーションスキル

システム開発の仕事内容は、家を建てるのと同じというイメージをしていただけたら良いです。

 

どんな家を建てたいのか、家族構成は?間取りは?クライアント(施主)の希望をしっかりヒアリングしなければ設計もできません。

 

これは家を建てる際と同様で、システム開発も同じなのです。お客様の要望をヒアリングし、システムを設計します。もちろん一度のヒアリングだけで、すべてが完了することはありません。

 

システムのプレゼンテーションでは、お客様が理解できるように言葉を選びながら説明を行います。技術者だから専門用語をたくさん使えばいい、というものではありません。あくまでもお客様の立場に立った説明を行わなければいけないので、相手の立場に立って言葉を選ぶスキルも必要となるのです。

 

2.経営的視点と課題解決能力

システムを導入することで、業務の効率化や最適化を図れなければいけません。

 

技術の押し売りでは意味がなく、経営的な視点からお客様の課題を見つけていき、解決できるようなシステムを開発しなければいけないのです。

 

お客様の業務を理解するスキルも必要です。知らないことを知らないままにしておいては、お客様の課題を解決することはできません。課題を解決していくには、常に進歩する技術も身につけていなければいけないのです。身体のしくみが分からない医師に手術ができないように、ITに関する新しい技術や知識、ノウハウがない人にシステムの提案はもちろん、構築はできません。

 

一度、身につけたら終わりではなく、常に向上心を持って勉強していくことが大切です。

 

3.チームで業務をすすめる協調性

システム開発は、プロジェクトの規模によって異なりますが、大抵の場合は複数名でプロジェクトチームを立ち上げ、業務をすすめていきます。チームで意見を出し合いながら業務をすすめていかなければいけません。自分の意見を主張するだけではなく、メンバーそれぞれの立場を尊重し、さまざまな意見にしっかり耳を傾ける協調性が必要です。

 

さまざまな業界でITの技術が必要とされる現在、優秀なシステムを開発できるエンジニアのニーズは高く、将来性のある仕事だといえるでしょう。

 

30~35歳の平均年収はソフト系で500万円以上、最高年収は1000万円近い方もいます。

 

未経験からチャレンジするなら、この3つのスキルが最低限、必要だと考えてください。実務経験がまったくない方は「基本情報技術者」や「応用情報技術者」、「シスコ技術者検定」など資格を取得し、実務経験がない分をカバーするといいでしょう。


ホーム RSS購読 サイトマップ