高年収なシステムアナリストに転職するために必要なスキル

高年収なシステムアナリストに転職するために必要な3つのスキル

高収入なシステムアナリストへの転職に必要なスキルとは

最低年収でも500万円といわれるシステムアナリスト。SEとしてキャリアと実績を積んだ方のキャリアアップとして転職できる仕事のひとつです。

 

そんなシステムアナリストを目指すために必要な3つのスキルをご紹介します。

 

1.コミュニケーションスキル

SEとしてキャリアを築いてきた方であればすでに身についていると思いますが、コミュニケーションスキルは必要不可欠なスキルです。

 

仕事内容はクライアントが抱えるシステムの問題をヒアリングし、問題提起をして、メンバーとともに解決に導くことが基本です。

 

簡単にヒアリングといってもクライアントはITの専門家ではないため、相手の目線に合わせて、話をしなければいけません。言葉を選びながら、自分が知りたい情報を聞きだす能力が必要です。そのためには、クライアントの業務内容に興味・関心を持つことも大切です。

 

また、問題解決は多くのメンバーと共に行います。メンバーをまとめるにはリーダーシップとコミュニケーションスキルが欠かせません。

 

2.高度な情報技術に関する知識

システムアナリストの仕事内容は、システム開発の「最上流工程」を担当します。当然ながらITシステムのスペシャリストとしての技術や知識は備えていなければいけません。

 

システム開発としての技術や知識だけではなく、それまでに培ってきたITシステムに関するさまざまなケースをインプットしておくことはもちろん、新しい技術を身につける必要性もあります。

 

インプットされた技術と知識をどういった場合に、どういうカタチでアウトプットするか、知識と技術の使い方も長けていなければいけません。高度な情報技術を身につけるだけではなく、身につけた情報技術のアウトプットを臨機応変、柔軟に有効活用できるスキルも必要です。

 

3.経営的視点と論理的な思考能力

システムアナリストは、クライアントの経営戦略に基づいた情報システムの構築を行います。

 

経営戦略にそった構築を行うにはまず、そのクライアントの経営戦略を理解する必要があり、問題提起を行うためには、経営的視点が必要となります。経営的視点をもつためには、クライアントの事業全体を理解し、経営者の立場に立った考え方を持たなければいけません。システムの導入がクライアントにとってプラスになるか、費用対効果を論理的に財務的観点から分析することができなければいけません。

 

システムアナリストになるために必要な資格やスキル

このシステムアナリストになるには特に資格は必要ありませんが、非常に高度なスキルを要求されます。コンサルタント的要素や営業要素も仕事内容に含まれるため分析力や提案力も求められます。

 

未経験からシステムアナリストを目指すにはSEとしてキャリアと実績を積み、技術者としてのスキルだけではなく、最低限、ご紹介した3つのスキルは身につけていなければいけません。


ホーム RSS購読 サイトマップ