IT業界から社内SEへの転職を成功するためのとっておきの秘策

社内SEへの転職を成功するための秘策

社内SEになるためには秘策がある

家族との時間を増やしたい、長く働けるか不安……

 

こういった理由でシステムエンジニアから社内SEへと
転職を希望する方が多くいます。

 

多くの転職を成功させてきた元キャリアコンサルタントが
社内SEへの転職の秘策をお教えします。

 

1.転職先を充分リサーチする

社内SEといっても業種、企業規模などによって
入社後の環境や仕事内容は変わってきます。

 

中小企業で近年多いのが新たに情報システム部門を設けた、というケース。

 

この場合、前任者がいないため
すべて任せてもらえるというメリットがあります。

 

しかし、社内にシステムが分かる人がおらず、業務がハードになる可能性があります。

 

比較的大きな規模の情報システム部門を有する企業の場合は
当初の配属が情報システム部であっても
人事部、総務部などへの異動の可能性があります。

 

応募する前にどんな環境で仕事をするのか、
募集背景は何か、など充分なリサーチをすることが大切。

 

ネットだけでは限られた情報しか入手できないので
転職エージェントを活用することをおススメします。

 

総合型である大手転職エージェントと
IT専門の特化型転職エージェントを併用しましょう。

 

 

2.キャリアパスを確認する

SIerのはプロフィットセンターであり、
多くの部署があり、さまざまなキャリアパスの可能性があります。

 

ところが、社内SEは業種に関わらず、
人事や総務などの間接部門でコストセンター。

 

部署は「情報システム部」のみとなります。

 

部長は一人だけとなるため
役職者を目指す場合、ひとつの席を争うことになるかもしれません。

 

もちろん、これは情報システム部がひとつだけ、と考えた場合。

 

業種によっては情報システム部と別にWEB部門があったり、
同じ間接部門の長へ、ということも考えられます。

 

転職先企業のキャリアパスとして
どのような道が考えられるか、確認しておきましょう。

 

面接で確認する方法もありますが
やはりこういった情報を多く持つのは
転職エージェントです。

 

20代、30代で転職をお考えであれば
今後のキャリアプランを考えて転職先を検討することが大切です。

 

3.スペシャリストからゼネラリストへ

SIerのSEはスペシャリスト。

 

社内SEはスペシャリストというよりもゼネラリストでなければいけません。

 

社内SEは社内システムが快適かつ効率的に運用されるように
その企業全体のことから、すべての現場の状況まで把握しなければいけません。

 

社内SEとしての技術向上を常日頃から行うことはもちろん、
その企業で必要とされる知識や資格取得も
積極的に行っていきましょう。

 

また、間接部門間での異動も視野に入れながら
人事や総務、または経理としての知識を身につければ
新たなキャリアパスが見いだせる可能性があります。

 

同じシステムを数年間使用するため
社内SEは技術力や知識が滞ってしまいがち。

 

自ら自分を奮い立たせ、積極的に学ぶ姿勢を持ちましょう。

 

SIerのSEのようにデスマーチはほぼないだけに
ストレスは減り、プライベートの時間もできます。

 

心のゆとりもできるので
新しい知識を吸収していくことに力を注いでいきましょう。


ホーム RSS購読 サイトマップ